-8/13 学習内容

【作業】
・液体クリーニング剤特許明細書 対訳終了
・上記類似特許明細書 対訳 50%強

【日本語特許明細書】
・人工光合成関連

 

しばらくブログ書いてない間に、ブログって何書けばいいんだっけ…?となってきてしまいました。
短くても何か書くようなリズムを整えていかないとだめですね。

 

最近社内の大きな会議で、まだまだテスト段階ですが、AI技術を使ったリアルタイム自動音声翻訳システムの使用が始まりました。

過去2回程これらの会議にskypeでオンラインで入ったのですが、スピーカーが喋るのにあわせて、画面に表示されるスライドの下側に字幕が入るようになっているというものです。

日⇒英の翻訳でしたが、ほぼ完璧に訳せているものもあれば、まだまだ全然めちゃくちゃだなというものもあり、見ていて特に難しいのかなと思ったのが、日本語の中に混ざってくる和製英語やカタカナ英語、あとは社内だけで使う用語、慣用句等でした。

システムの使用が始まったといっても、実際英訳が必要な人たちには専用の通訳さんがいて、そちらの英語を聴いてる訳なんですが、このシステムも使えば使うほど賢くなるとのことなので、ある程度内容が決まっていて、使う単語も事前に学習させておけばそれなりに使えるようになりそう、という印象です。

そして日本語の堪能なイギリス人上司による日本語での発表もあって、そこにも翻訳が入ったんですが、日本語の途中に挟まれる英単語や英語での文章には、当たり前ですが、その英語を日本語として聞き取ってそれを翻訳した結果の謎の英文が表示され、その辺の対応はさすがに難しいようでした笑

こうやって実際にAIを使った技術を見てみると、得意なこと、苦手なことの傾向が見えてきて面白いですね。
これからも自動翻訳ウォッチ続けてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。